Pocket
LINEで送る

先週日曜日の9月16日にラジオ電話出演をしました。

文化放送の、鎌田實先生と村上信夫さんの『日曜はがんばらない』です。

番組ホームページ

日曜はがんばらない

に説明があり、ラジオも視聴できるようになっています。

(以下引用)

9月16日 第326回放送

ことし国内で新たに悪性新生物(がん)と診断される患者数は、3年連続で100万人
を超えるとする予測を国立がん研究センターが公表しました。30年以上に渡り日本人
の死亡要因の第1位であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがん。近年の治療法や
治療薬の進歩は目覚しいものがある一方、がんに対する情報不足、誤解や偏見など問題
もあります。がん患者に限らず「緩和ケア」の必要性を緩和医療の専門医と考えます。

「緩和ケア」というと”末期がん”や”終末期医療”を連想する人が多いですが、本来
医療そのものが、患者さんの痛みや辛さを緩和するのが目的なので「緩和ケア」こそが
医療の原点と指摘する鎌田さん。更に末期でなく治療中でも痛み、吐き気、倦怠感、抑
うつ、不安など様々な症状に悩まされている患者さんはいます。そこで「かかりたい」
と思った時に誰でも「早期からでも緩和ケアが受けられる」日本唯一の専門クリニック
『早期緩和ケア大津秀一クリニック』の院長・大津秀一先生が電話で登場。全国に医師
は約32万人いますが「緩和ケア専門医」は208名(今年5月現在)と圧倒的少ない
現状があります。調査で「緩和ケアによる余命の延長」や「身体を傷める治療の回避」
「予後に対する備え」も判明し、早めに相談できることが理想で、そうした要望に応え
たいと「早期緩和ケア専門」のクリニック(東京都文京区)を開院した大津先生です。

(以上引用)

前半部分が出演部分です。

リンク先の再生ボタンを押すと聴けます。

”緩和ケアは希望の医療””緩和ケアに早い時期からちょっと接することでずいぶんその後の人生が変わる”(1分20秒くらいから。鎌田先生のお言葉)というお話は、まさしくその通りだと思います。

とにかく、早期からの緩和ケアは非常に知名度が低いです。病院を出て、ますますそれを実感しています。

つらかったら、苦しかったら、痛かったら、それに対処してもらえるのが当たり前にしていきたいですね。

 

RESERVA予約システムから予約する

★診療のサイト

「早期緩和ケア大津秀一クリニック」

東京で緩和ケア外来を行う早期緩和ケア大津秀一クリニックのイメージ

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube)を立ち上げました。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

Share this Post
アバター

About 大津 秀一

緩和医療専門医/緩和クリエーター。数千人の患者さんの緩和ケア、終末期医療に携わり、症状緩和のエキスパートとして活動している。著書や講演活動で、一般に向けて緩和ケアや終末期ケアについてわかりやすくお伝えすることをライフワークとしている。