Pocket
LINEで送る

今日は早期緩和ケアクリニックについてです。

緩和ケア外来をしている診療所はある

最初にお伝えしておきますが、優劣の話ではなく、特徴の話です。上下の差を伴う比較ではありません。

緩和ケア外来を行い、早期からの緩和ケアの対応もしっかり行っている診療所というのはあります。

そしてそのような診療所が、訪問診療なども行い、周辺地域の緩和ケアにおいて要となっていることはあるでしょう。

このような地域密着型の緩和ケアは大変貴重なものです。

当該地域にお住まいの患者さんは、はっきり言って幸福だと言えます。

私も外来相談の中で住所をお聞きします。

すると「ビンゴ!」とつぶやきがでるほど、緩和ケアの優れた臨床家や在宅緩和ケア医がおられる地域の患者さんがいらっしゃいます。

そのようなケースでは、それらの先生につなげば穏やかな全経過が約束されるでしょう。

地域密着型で緩和ケアを行う医師は大変貴重な存在です。

 

地域密着型ではない緩和ケア外来があって良い

開業する際に、「先生は在宅医療ですか?」と何度か尋ねられました。

緩和ケアというと、病院の外来、あるいは在宅緩和ケアというイメージがあります。

ただ私が問題意識を感じていたのは、もとより当院設立のきっかけが、「私の地域では早期からの緩和ケアが受けられない」というある患者さんの訴えであったように、緩和ケアが手薄な地域があるということです。

専門家が少ない、あるいは全くいない地域もあるのです。

そこでも緩和ケアを受けられるようにするにはどうしたら良いのか?

ちょうどオンライン診療が少しずつ話題になり始めている時でした。

これを用いれば、緩和ケアが手薄な地域でも緩和ケア外来を届けられるのではないか

それが私の解だったのです。

 

外来特化だから在宅緩和ケアを自院では行っていない

私の外来はあくまで、全国的に存在する緩和ケアの空白をなくすことが重要な目的です。

あるいは都市部でも医療者とのめぐり合わせによっては、緩和ケアを受けられていないということは枚挙にいとまがありません。

それなので、緩和ケアが得意な先生のカバーできていない場所・事例でも、緩和ケアを受けられるようにすることを第一の目的とすべく、外来に特化することとしたのです。

ただそうすると、患者さんによってはあるだろうシームレスに最後まで診てもらいたいという願いを叶えられません。

そこでお願いして、非常勤で勤務している医療機関で、そのような要望も応えられるようにしました。

当院の周辺地域も訪問診療範囲には入っています。

ただ当院の本筋は、地域密着というよりは、日本全体の患者さんに益となることです。

 

ぜひ使いこなしてほしい

私は一般病院、大学病院、有床診療所、ホスピス全ての常勤勤務経験がある数が少ない緩和ケア医です。

また抗がん剤治療を行っていたこともありますので、もちろん腫瘍内科医ほどの専門性はありませんが、がん治療に関しては知識を全般的に有しています。

早期緩和ケアは世界的には腫瘍学<がん治療・抗がん剤治療等>と緩和ケアの統合(早期からの緩和ケア)と目されてきています

今も既に何例かありますが、緩和ケア担当医や在宅医が関わっていて、さらなる助言を求めて当院とコンタクトを取られるというケースがあります。

確かに、誰もが緩和ケアが「ど専門」なわけではありませんし、セカンドオピニオン的に使用できる場所ができたことは良いかもしれませんね。

 

まとめ

地域の皆さんには本当に申し訳ありません、とお伝えするしかないですが、当院は緩和ケア普及のための、これまでとは違ったアプローチを取っており、それを紹介しました。

在宅医療を自院で行っていないのも、上記のような外来をある種徹底的に行いたいという思いからです。

それなのでもちろん、周辺も含めて、地域密着型の緩和ケア診療・外来を行っておられる診療所や在宅医療機関と競争するものではありません。並立可能なものだと考えています。

緩和ケアは本来がんに限られていませんが、当院が行うがんに限定しない早期緩和ケア外来も新規性があると存じます。

新たな目的やコンセプトのもと、引き続き早期からの緩和ケアの普及に全力を尽くして参ります。

なおクリニックの名前も、早期緩和ケア普及のために名付けました。知ってもらう一助になるためです。名前もご存じない方が大変多いですからね。

そして、地域の方も普通に緩和ケア外来に来られていますので、その点はご安心ください。

 

 

家族への緩和ケアの伝え方を動画にしました。

↓↓↓↓↓↓↓

早期からの緩和ケア外来の早期緩和ケア大津秀一クリニック診療予約

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

Facebookページ

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページ」

早期緩和ケア外来・相談facebook

よかったら、いいね、フォロー等よろしくお願い申し上げます。

 

メルマガ「苦しみが軽くなるメールマガジン」登録はこちらからです。ご登録をお待ちしております。

メルマガに登録する

早期緩和ケア大津秀一クリニック(東京都文京区目白台の外来)メールマガジン

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube。動画)です。

↓↓↓↓↓↓↓

チャンネル登録はこちらから

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

相談・診察を

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

Pocket
LINEで送る

Share this Post
アバター

About 大津 秀一

緩和医療専門医/緩和クリエーター。数千人の患者さんの緩和ケア、終末期医療に携わり、症状緩和のエキスパートとして活動している。著書や講演活動で、一般に向けて緩和ケアや終末期ケアについてわかりやすくお伝えすることをライフワークとしている。